江戸カルタメイン研究室 十八頁目

~江戸カルタに関する総合的な研究室です~


◎『日本かるた文化館』に於ける“合せ”の問題(一)

引き続き『日本かるた文化館』に於ける、当サイトへの批判点に対する反論を述べさせて頂きます。
 今回は大目次2ー2 「江戸時代前期の合せカルタ遊技」を取り上げます。全体は三つの小目次に分かれておりますので、概ねその構成に沿って読んで行きましょう。

【1】“合せ”資料としての『仁勢物語』及びその他の資料に関する見解と、『鹿の巻筆』の解釈

小目次の最初の項目「一 カルタの遊技法「合せ」に言及する史料」は次の一文から始まります。

江戸時代初期の京都、大坂などには、「合せカルタ」という遊技法があった。だが、その存在を裏付ける史料は少ない。文献では、江戸時代初期の史料で、この遊技法であると特定されるものは未発見であり、寛永年間(1624~44)の末年に刊行された著者不明の『仁勢物語』がこれを扱った最古のものと推定される。

この後にご著書『ものと人間の文化史173 かるた』(以降『かるた』と略す)の『仁勢物語』の紹介(p.30)を再録されています。

『仁勢物語(にせものがたり)』(寛永十五~十七年頃)は、かれこれ十年以上前になりますが当サイトの“うんすんかるた分室”に於いて『私可多咄』(万治二年)と共に紹介した資料です。当サイトでは“合せ”の資料としてでは無く、“うんすんかるた”に関する資料として、江戸初期に“札の間に強弱関係が有る技法”つまりトリックテイキングゲームが存在した事を示す資料として取り上げたものです。

『仁勢物語』寛永十五~十七年(1638-1640)
をかし、女はあざ持つ、男はそうた持てり。早く打棄てたりけるを見て、勝ちこそは今はあだなれ是無くはそうたは四方に有らまじ物を

これを
「女は“あざ”を持ち、男は“ソウタ”を持っている。男が“ソウタ”を早く打ち出したのを見て、女が言うには、これでもう“ソウタ”は何処にも無いので、あなたには勝ち目は有りませんよ」
 つまり、“ソウタ”は“あざ”より強いという強弱関係が有ったと解釈し、江戸初期にトリックテイキングゲームと考えられる技法が存在した根拠としました。尚、この名称不明の“トリックテイキングゲーム”技法に対して、後の“うんすんかるた”考案の元になった技法という意味で仮に“うんすんかるたの元技法”という名称を使用していましたが、その後カードゲーム研究家の黒宮公彦氏から“原ウンスン”という大変スッキリした名称をご教示頂きましたので、今後はこれを使わせて頂きます。

『仁勢物語』の解釈に関しては、江橋先生も基本的に当方と同様の理解をされている様です。但し先生の場合は“江戸初期、前期の「合せ」=トリックテイキングゲーム”という“仮説”を提唱されていますので、トリックテイキングゲームならば、即ち“合せ”の資料だという飛躍した結論に成ります。

こうしたストーリーだとすると、カルタの遊技で、「ハウの一」のカードである「アザ」は切り札だが、「ハウの十」、「ハウのソウタ」(別名「釈迦十」)も切り札で、「ソウタ」のほうが「アザ」よりも強いことになる。これはカルタ札の中で常に切り札になるのが「ハウの二」つまり当時の呼称で「青の二」と「釈迦十」「アザ」で、この順番で強弱がある「合セ」の遊技法である。「ヨミ」や「メクリ」ではこうはならない。「合セ」の遊技法が笑い話の種になっているのだから、江戸時代初期に「合セ」がごく普通に遊ばれていて、この話のおかしさが多くの人に伝わることを示している。

今は、根拠不明の“青二最強説”批判は繰り返しませんが、少なくともここには“合せ”などとは一言も書かれていません。勿論『私可多咄』も同じですが、にもかかわらず江橋先生はこれらについて『かるた』(p.84)でも“合せ”の資料として紹介されています。更に『軽口もらいゑくぼ』(元禄六年)の笑話をトリックテイキングゲームをモチーフにしたものだと解釈し、これも“合せ”の資料だとして掲載されました。勿論そこにも“合せ”の文字は有りません。
 実は『軽口もらいゑくぼ』の解釈に関しては『かるた』の出版以前に、江橋先生直々の私信にてお教え頂き、当方の見解を示せとご指示を頂いていたもので、熟考の末にトリックテイキング説を否定する論考を示しました。今回『日本かるた文化館』開設に当たって何等かの再批判が有るかと楽しみにしていたのですが・・・残念ながら今のところ無視の様です。
 又、今回『日本かるた文化館』に於いて『絵本池の蛙』の挿絵がトリックテイキングの場面だと解釈し、これも“合せ”の資料だとする論証を示されましたが、前稿にて批判済みです。(くどい様ですが、そこにも“合せ”の文字は有りません)。

更に江橋先生は今回、この後の『雍州府志』の読解中「③遊技法「合せ」の部分で唐突に一枚の絵画資料の話を持ち出されます。文脈上問題は無さそうなので、先にここで取り上げさせて頂きます。

かつて宮武外骨は、『賭博史』で、刊年不詳の『繪本鼠隠里』のあるページを紹介している。そこでは「かるたの絵どもぬけいでてたゝかふ」で「オウルのウマ」、「コップのキリ」、「イスのキリ」「ハウのソウタ」などがカルタ札から抜け出して合戦に及んでいる姿が滑稽に描かれている。これは二ページの続き絵で、宮武は右頁しか紹介していないが、左頁にはカルタ屋の「布袋屋」をもじった大きな布袋がいて、「布袋 かるたのたゝかいを見 ゐふ 銭なしのせうぶはおもしろふなひものじや」とある。これなども、合戦の場に兵を繰り出すように遊技の場に手札を繰り出して競い合う、合戦するという所作の合せカルタの遊技が念頭にある戯画である。読みカルタでは合戦にならずに「一」「二」「三」という列の長短を競う絵になってしまうし、めくりカルタでは競い合うではなく順番を待って収穫する絵になってしまう。「かるたのたたかひ」という語に最も似つかわしいのは合せカルタの遊技法である。

この絵が江橋先生にその様に「語りかけて」来たのでしょう。この資料の刊年は不明ですが、恐らく享保期以降のものでしょうか。
 まあ「合戦の場に兵を繰り出すように遊技の場に手札を繰り出して競い合う、合戦するという所作」という解釈も不可能では有りませんので、一つの解釈として認めても良いですし、これが“トリックテイキングゲームが念頭に有った”となら言えなくも有りません。しかし、江戸初期には確実に存在した“トリックテイキングゲーム”が、いつ頃迄存続したかという問題と、“合せ”が“トリックテイキングゲーム”であるかどうかは全く別次元の問題ですので、混同してはいけません。勿論『繪本鼠隠里』にも“合せ”の文字など出ていませんので、「合せカルタの遊技が念頭にある」という解釈は明らかに飛躍し過ぎでしょう。
 それと、左頁の詞書きを「かるたのたゝかいを見 ゐふ」と読むのは間違いだと思われます。“言う”は“いふ”とは書きますが“ゐふ”とは表記されません。先生が“ゐ”と読まれた字は“給”の略字で、正しくは「かるたのたゝかいを見給ふ」でしょう。

以上挙げた諸資料に共通しているのは、それがトリックテイキングゲームだと考えられるか、或いは単に江橋先生にはそう見える、という点です。しかし、百歩譲ってこれらの資料がトリックテイキングゲームの場面だとしても、それが“合せ”がトリックテイキングゲームである事を示す証拠には成らないという、根本的な問題を理解されていらっしゃるのでしょうか? これ程までに同じ手法を繰り返されるのを見せられると、そもそも江橋先生はトリックテイキングゲームだと考えられる記述や絵画の存在を示せば、それが“合せ”がトリックテイキングゲームである事の証明になると錯覚されているのでは無いかと危惧せずにはおられません。
 江橋先生の取られている論法は、『雍州府志』の“合せ”はトリックテイキングゲームであるというご自身の“仮説”が正しいという前提の基に“逆も又真なり”、その前後の時代にトリックテイキングゲームと思われる記述や絵画が有れば、それは“合せ”だと主張するものです。この様な論法は、当方の様な一般素人の目線から見ても到底納得のいくものでは有りません。

次に、江戸時代前期になると、貞享年間(1684~88)の『雍州府志』と『鹿の巻筆』がこの遊技法に言及した最も古い例である。このうち、黒川道祐著の『雍州府志』は、「合(アハセ)」と名称を特定し、カルタ札の「紋」を合せる遊技という説明が具体的であり、第一級の史料と思われる。

いよいよ『雍州府志』の登場ですが今は一旦保留して、もう一つの『鹿の巻筆(しかのまきふで)』(貞享三年)について少し検討しておきたいと思います。

『鹿の巻筆』は『雍州府志』とほぼ同時期の刊行です。笑話集ですので『雍州府志』とは全く性格の違う資料ですが、そこにはカルタに関係する笑話が四篇も収録されており、この時代のカルタの実態を知る上での貴重な資料であるのは間違い有りません。
 例えば、この中の一話「三人論議」には『雍州府志』にも登場する“よみ”“合せ”“かう”の三技法の名前が見られます。『雍州府志』が京都版であるのに対して『鹿の巻筆』は江戸版であるにも拘らず、両書に三技法が共通して登場し、しかも奇しくも記述の順序も一致している事から、この三技法は同時代の京都と江戸の両方で良く知られ、人気の有った技法のベスト3だったという推測も可能かと思われます。この様な点からも、『雍州府志』の検討に入る前に『鹿の巻筆』の「三人論議」について検討するのも意味の有る事と思います。

『鹿の巻筆』に関して江橋先生は、サイトの別の場所(大目次2ー3 江戸前期のきんごカルタ、かぶカルタ、まめカルタの遊技>三 九が勝数のかぶカルタ遊技>(二)かぶカルタ遊技の流行)で簡単に言及されているのみです。当方もこれ迄に色々と考えるところは有ったのですが、たいした内容では無いので公に発表せずにいましたが、丁度良い機会ですので“合せ”に関係する部分について、この場を借りて解釈を述べさせて頂きます。

『鹿の巻筆』貞享三年(1686)
三人論議

(前略)
又三郎兵衛はかるたをすきて、よみの、あわせの、かうなどゝいふ事のみふかのぞみけり。
(中略)
自分じぶんには似合にあわずかるたわざ、ふつ/\とやめ給へ。かるたは博奕ばくちだい一なり。人のおもふ所もあり。なぐさみとはよもいわじ。さりとてはやめさせ給へ、與市どのと云。三郎兵衛きいて、かるたも後生ごしやうになるまじや。それかるたは人間の盛衰せいすい根本もと、されば佛法にいわんには、まづ四十八枚は弥陀みだの四十八ぐわんなり。一より九まで四とをりにて、四九三十六、地の三十六ゐんをひやうし、十、四枚は釈迦しやか弥陀みだ薬師やくし弥勒みろく佛、馬四枚は文殊もんじゅ普賢ふげん観音くわんをん勢至せいし、きり四枚は持國じこく毘沙門びしやもん廣目こうもく増長ぞうてう、さてまた、いす、こつぷ、はう、おうる四しなにさだめしは、須弥しゆみしうをかたどりたり、一は萬物ばんもつのはじめなれば、あざを天下にたつるなり。一よりきりまでの十二とさだめしかずは十二月をひやうしたり。されば、きりといひては何にてもすきをいだす。いきものゝ十二枚は十二因縁ゐんゑんなり。薬師やくしの十二神をもひやうし、心は人のなぐさみにして、よろづのやまいわすれ、氣をほうずるゆへなり。よみのかるたは壹枚のこり、がられぬ事八つのぜんありながら、壹つのあくにひかさるゝ心なり。九枚もつは九ほん浄土じやうど後生ごしやうに入ねなり。さるによつてかるたとなづく。米は是人をたすくる、そのいねのあとをかるたといふ。あわせにては人の善悪ぜんあくをしり、かうにては人の運否うんぷをしる。三枚まくは三くじの心なり。是もかやうに心得こゝろへば、いかで後生ごしやうにならずやといわれたり。
(後略)

掲載したのは『鹿の巻筆』巻一に載る一話「三人論議(さんにんろんぎ)」の一部分です。

この笑話を解釈をする上で最も重要な前提は、これが“笑話”であるという点だと考えます。あくまでも読んで笑ってもらう為の文章であり、読者に“謎解き”を求めるものでは有りません。笑話である為には当時の読者の知識の範囲内で、容易に意味が理解されうる単純さが求められます。とは言え、残念ながら現代の我々にとっては“謎解き”以外の何物でも有りませんが、せめて“当時の読者の視点”を意識して解釈していきたいと思います。

この笑話のテーマは、カルタの諸相全てを強引に“後生”に結び付けるという屁理屈によって生じるおかしみです。仏教の深い教義などとは無関係に、カルタのあらゆる側面が仏の御心に叶うもので有り、カルタを打つ事が“後生”に適う行為だとこじつける事によて、読者からの「それ、違うだろー!」という突っ込みを期待するものだと考えられます。
 話の大筋は、カルタ好きの三郎兵衛に対して友人が“「かるたは博奕の第一」であり、良く思わない人もいるのでお止めなさい”と忠告したのに対して、三郎兵衛は様々な仏教用語を駆使して仏法の諸相にこじつけて解釈し、最後に「かやうに心得ば、いかで後生にならずや」つまりカルタが“後生”に適う物だと強弁します。この後に友人からの反論が続くのですが、その部分は今回は省略させて頂きます。(一部、当サイト『笹屋カルタ考 前編』に掲載)
 先ずはカルタ札48枚を「弥陀の四十八願」になぞらえる等、カルタの様々な側面を仏教の教義に無理やり当てはめ、更に絵札を如来、菩薩、四天王等になぞらえます。それに続いて“よみ”“合せ”“かう”といったカルタ技法も仏法に沿うもので、全て“後生”に適うと言い放ちますが、勿論全てこじつけです。

今回は「讀のかるたは壹枚のこり」に始まる、後半の遊技法に関係する部分をじっくり検討したいと思います。話の構成は最初の“よみ”の部分が比較的長く、続いて「合せにては人の善悪をしり」「かうにては人の運否をしる」とワンセットにされています。続く「三枚まくは三くじの心なり」に関しては少々検討する必要が有ります。
 江戸カルタに“三枚”と呼ばれる技法が有りますが、技法の詳細は不明です。今のところ“かう”と良く似た技法だったか、或いは単に“かう”の別名だったのかも知れないと考えています。この部分の“三枚”も技法の事を言っている可能性も有りますが、前の二技法が「合せにては」「かうにては」という記述であるのに対して「三枚まく(撒く)は」としていますので、これは技法名では無く、ディールの際に一度に三枚づつ配る所作を言っていると考えておきたいと思います。「三くじ」は恐らく“御鬮(みくじ)”だろうと思われますが、だとすると「三枚まく」から「三くじ」とは、かなり強引なこじつけですね。

「かうにては人の運否をしる」は解り易いですよね。“かう”の勝敗はほぼ運のみで決まりますので、その勝敗は人事の及ぶ所では無く、仏の御心に従うしか無いと理解出来ます。問題はこれとセットになっている「合せにては人の善悪をしり」を、これと同タイプの技法の併記と見るか、異なったタイプの技法との対比と見るかという点です。
 これを対比だと見ると“合せ”技法の原理は“かう”の様に単なる偶然に左右されるものでは無く、人の知恵や行為によって結果が変えられるタイプのものだと解釈出来ます。そうすると“善悪”は札の強弱、或いは戦略の善し悪しを意味するものと捉えられますので、トリックテイキングゲームの原理に良く合致していると言えます。“後生”との関係が微妙な気もしますが、人が知恵を働かせたり、善い行いをする事が“後生”に叶う行為だと考えればあながち不自然では有りません。
 一方、“かう”と同タイプの技法の併記と見ればめくり系ゲームの原理に合致します。めくり系ゲームは“かう”と同様に偶然に支配される割合がかなり高く、その原理を極言すれば、自分の手番に於いて、“手札”や“山札からのめくり札”で“場札”を合せ取る事が出来るか否か、その繰り返しだと言えます。この場合の“善悪”は札を取れれば“善”、取れなければ“悪”であり、あくまでも結果の善し悪しを意味すると考えられます。これは人智・人事の及ばない領域であり、仏の慈悲にすがるしか無いという意味で“後生”に通じるという屁理屈に合っていると考えられます。

この様に「合せにては人の善悪をしり」の部分のみを見た場合には二通りの解釈が可能であり、どちらが優位とも言いきれません。こういう時の打開策として心掛けているのは“文章全体の文脈から部分を解釈する”という姿勢です。そこで直前の“よみ”に関する部分から読んでみましょう。

「讀のかるたは壹枚のこり、上がられぬ事八つの善ありながら、壹つの悪にひかさるゝ心なり。」

 いきなりの難題です。正確な解釈は自信が有りません。愚案ですが“よみ”で九枚の手札の内八枚まで出しながら最後の一枚がなかなか出せないでいる状態を、たとえ八つの善行を行っても、一つの悪心を捨て切れない為に“往生”出来ない(上がれない)でいる状態に重ね合わせているものと考えます。これを“よみ”の技法に当てはめると、手札を出せる事を“善し”、出せない事を“悪し”と表現していると考えられます。“よみ”は、全体としては高度な戦略が必要な技法だと考えていますが、最初の手札の善し悪しは運任せですし、最後の一枚の札が出せるか出せないか(つまり勝者と成れるか成れないか)もほぼ運任せであり、ひたすら仏の慈悲にすがるしか無いという意味で“後生”に通じるものと考えられます。
 注目すべきはここにも“善”“悪”の語が使われている点です。この笑話を読んだ当時の読者の視点から考えれば、これに続く「合せにては人の善悪をしり」の“善悪”も同様のニュアンスで解釈されるのが自然だと思われます。その様に考えれば“よみ”“合せ”“かう”といった当時流行のカルタ遊技は全て人智・人事の及ぶところのものでは無く、勝ち負けは仏の御心次第、仏の慈悲にすがるしか無いという意味で、“後生”に適うというこじつけ解釈で首尾一貫していると理解出来ます。

ここで最初の問題点である“合せ”はめくり系かトリックテイキング系かという問に立ち返って考えましょう。この笑話は全体として、カルタの諸相は全て“後生に適う”ものだという結論をこじつける為の文章だと考えられます。そうすると、もしも“合せ”が札の善し悪し以上に競技者の技量、知恵が重きを為すトリックテイキング系の技法だとすると、“カルタは後生に適う”という全体のテーマに対してストレートに繋がらないという印象を受けます。一方、“手札”や“めくり札”の善し悪しという偶然性に依存する部分が多いめくり系の技法と考えた方が、全体の文脈 として首尾一貫しており、理解し易い様に思われます。

ついでに“よみ”の残りの部分の解釈もお示ししておきましょう。
「九枚もつは九品の浄土、後生に入ねなり。」

 「九枚もつは九品の浄土」は、“よみ”の4人競技の場合に各自に配られる“手札”の枚数である「九枚」を、仏教の教義“九品浄土”にこじつけただけでしょう。続く「後生に入ねなり。」が難問です。
 「入ね」が一つの熟語だとすれば、読みは“いるね”か“いりね”のどちらかだと思われますが、どちらにしても思い当たる所は全く有りません。従ってこれは「入」と「ね」とに別けて考えるべきでしょう。「入」は動詞であり、恐らく“はいる”では無く“いる”と読むと思われます。
 動詞に続く“ね”は名詞か、助動詞の可能性が有ります。助動詞の場合は完了の助動詞“ぬ”の命令形(“死ね”とかです)、或いは打消の助動詞“ず”の仮定形(“武士は食わねど高楊枝”等です)が考えられますが、何れの場合も文章として不自然ですし意味も通じませんので“ね”は名詞だと考えられます。名詞だとした場合、幾つか候補が挙げられますが、読者が容易に理解出来るものと考えれば候補は絞られます。最も適当と思われるのは“根”でしょう。“根”には“元”“根本”といった意味が有ります。
 以上に基づいて「九枚もつは九品の浄土、後生に入ねなり。」を解釈すると、“よみ”の手札九枚は、九品の浄土に入る(=後生)為の根本に通じるものであるという意味に取れます。その様に理解すれば続く部分にストレートに繋がります。

「さるによつてかるたとなづく。米は是人をたすくる、その稲のあとをかるたといふ。」

 前文を受けて“そういう訳でカルタという名前が付いている”と主張します。何故かというと“入ね(いるね)”の音は“稲(いね)”に通じます。実った稲を刈り取った跡は“刈田(かるた・かりた)”であり、“かるた”という名称自体が、米の様に人を助けるもの、つまり後生に適うものであるという訳です。
 かなり無理やりなこじつけと思われるかも知れませんが、カルタを“かりた”“刈田”と結び付ける理解は決して突飛なものではありません。例えば正徳二年(1712)序『和漢三才図絵』では項目名の「樗蒲」(原本では“樗”の字は木偏では無く手偏です)に「かりた」という読みを振っています。他の参考資料も幾つかご紹介しておきましょう。

『阿波手集』寛文四年(1664)
 虫/\のよるハかる田のよそろ哉
 せい入て鹿をおふるのかる田哉
『置みやけ』享保十九年(1734)
慰(ナクサミ)にうつは面白かりた哉
 よくにかゝらはつんとよしなや
『歓遊桑話』江戸中期
早苗も秋のかぜに紅葉して、五穀成就して刈田を祝ふ賀儀の名にや。又正月ハ睦月とて七五三て、互に睦び会すの所謂なり。酒興の友とするかるたの翫楽笑悦を催し、目出度春也。
『守貞謾稿』江戸後期
カルタ
今、刈田ノ字ヲ付ス。

これらの資料から、“カルタ”と“刈田”を結び付ける理解は江戸初期から後期迄一貫して受け継がれている事が判ります。

この様に「三人論議」の内容は、カルタはその名称、札の構成、絵柄、遊技法に至る迄全て仏法に沿っており、“後生”に適うものだという屁理屈で首尾一貫しています。繰り返しに成りますが、この文脈全体から“合せ”を考えれば、“トリックテイキングゲーム”よりも“めくり系技法”と考えた方がどちらかと言えば無理無く理解出来る様に思われます。

これが一応の結論です。結論と言っても“どちらかと言えば~思われます。”といった程度のものであり、あくまでも“合せ=めくり系技法説”という立場から見た、一つの解釈に過ぎない事をお断りしておきます。この解釈自体が“こじつけ”だと感じられる方もいらっしゃると思いますし、きっと江橋先生ならば“合せ=トリッキングゲーム説”の立場から、もう少しマシな解釈をお示し下さるものと期待しております。
 以上、おそまつ君でした。あっ、間違えた。お粗末様でした。

さて、ここ迄は単なる“イントロ”に過ぎません。落語で言えば“まくら”、コース料理で言えば“前菜”の様なものです。いよいよ“メイン料理”を味わわせて頂きましょう。

公開年月日 2019/07/15


【2】『雍州府志』の読解への批判 前編

ここから小目次の二番目の項目「二 『雍州府志』巻七、「賀留多」の解読」に入ります。
 先ずは第一章「(一)『雍州府志』巻七、「賀留多」」から読み始めましょう。

まず議論の基本的な骨組みの問題であるが、対象となるのは、『雍州府志』の中の「賀留多」に関する三百六十三文字の漢文である。研究室はそのサイトの開設当時から長期間にわたって、私が、カルタ史に関する論文や著作で、ここに登場する「合(アハセ)」(以下、『雍州府志』などでの「合」に仮名を付して「合せ」と表記する)というカルタの遊技法を論証抜きにトリック・テイキング・ゲームであると証明した気になって述べていると十年以上繰り返し批判してきた。だが、私は、『雍州府志』の「合せ」の記述は、これを表記のままに素直に読めば明らかにトリック・テイキング・ゲームを説明しているものと理解して矛盾ないと指摘してきただけである。

「私は、『雍州府志』の「合せ」の記述は、これを表記のままに素直に読めば明らかにトリック・テイキング・ゲームを説明しているものと理解して矛盾ないと指摘してきただけである。」
とはまさにその通りです。失礼は承知の上で言わせて頂けば、たしかに江橋先生はそれだけしかしてきていません
 当方は先生のこのご主張に対して、当時の「合せ」の語感は“競い合わせ”が主たるものだったという、何等実証的な根拠も無い“推測”をほぼ唯一の論拠としているものだと批判し、先生の「理解」の「矛盾」点を指摘し、その「理解」に至る具体的、実証的な論証を示す様に求めて来ただけです。
 今回、その批判に対して漸く『雍州府志』の綿密な読み込みによって、「合せ」が“トリックテイキングゲーム”で有るという主張の根拠を明確に示して下さった事に感謝致します。しかし“合せ=トリックテイキングゲーム説”がいまだ“仮説”である事に変りは有りません。“仮説”の真偽、正誤は他者による検証によって定まるものですので、今度はこちらの番です。その論証が妥当なものであるのかをじっくりと検討させて頂きましょう。

この後、江橋先生は『雍州府志』の「賀留多」の項全文のテキストと現代語訳、更には丁寧な書誌学的解説を記されていますが、これらについては『日本かるた文化館』の当該ページを直接ご覧下さい。尚、拙サイト内のテキストと読み下し、及び画像は必要に応じて下のリンクからご参照下さい。
 ◆『雍州府志』「賀留多」の項全文のテキストと読み下し
 ◆『同書』当該箇所の画像

こうした私の読解に対して、研究室は、ネット上で、私の論証が不十分であると批判するとともに、『雍州府志』は「合せ」という遊技法の説明の箇所で、フィッシング・ゲームの一種である「めくりカルタ」の前身「プロトめくり」の遊技法を説明しているという積極的な読解を示した。したがって、ここでは、『雍州府志』の記述をトリック・テイキング・ゲームとして理解するのと、フィッシング・ゲームとして理解するのと、どちらの方が合理的な説明であるのかという比較検証になる。以下、該当箇所を文節ごとに解読していこう。

本来は“合せ=トリックテイキングゲーム説”と“合せ=めくり系ゲーム説”の「どちらの方が合理的な説明であるのかという比較検証」を望んでいるのですが、江橋先生は「『雍州府志』の記述をトリック・テイキング・ゲームとして理解するのと、フィッシング・ゲームとして理解するのと、どちらの方が合理的な説明であるのかという比較検証になる。」と、論点を矮小化されている感が有ります。まあ、これも重要な論点であるのは間違い有りませんので良しとしましょう。

この後、江橋先生は『雍州府志』の「賀留多」の項に対する徹底的な読み込みを展開されます。当方にとっては貴重なご批判満載の、まさに宝の山とも言うべき内容なのですが、一般の読者の方々には全く意味不明の展開に成っているのでは無いかと心配します。しかし当方には、そこ迄してでも敢て『雍州府志』の「賀留多」の項の徹底的な解釈を試みた江橋先生のお気持ちが痛いほど理解出来ます。これ迄の江橋先生の著述を読ませて頂いた限りでは、先生の“合せ=トリックテイキングゲーム説”にとっては『雍州府志』の「賀留多」の項こそが自説にとって唯一無二の依拠資料であり、他に有力な傍証と呼べるものは有りません。つまり何としてでも『雍州府志』を守りきるしか生き延びる道は無い訳です。

黒川道祐著の『雍州府志』は、「合(アハセ)」と名称を特定し、カルタ札の「紋」を合せる遊技という説明が具体的であり、第一級の史料と思われる。

ところが、この文献については、山口吉郎兵衛が『うんすんかるた』で、これは「めくりカルタ」の祖型の「プロトめくり」を指しており、「紋」を合わせるは「数」を合わせると書くべきところの誤記であるとする理解、すなわち誤記説を示した。それ以来、それが確立した通説として君臨していた。これに対して私は、昭和末年(1985~89)から平成年間初期(1989~98)にかけて、同書の記述を素直に読めば「紋」を合わせるトリック・テイキング・ゲームの説明として首尾一貫していて誤記ではないという説を提起した。その後、平成年間(1989~2019)にそこに介入したのがネット上の江戸カルタ研究室(以下、研究室)で、基本的には「めくりカルタ」の前身、「プロトめくり」の「数」を合わせる遊技法であるという誤記説に近い認識を示すとともに、『雍州府志』が「紋」を合わせると記述した場合の「紋」は紋標の意味ではなく、模様のような意味であり、「紋」を合わせるという表記は数の同じ札を合せるという語義であると解されるので誤記ではないと主張した。そこでは、『雍州府志』をどう理解するのかが、「合せ」という遊技法の発祥を解明する鍵となっている。ここでは、『雍州府志』の詳細な解読を示して、それを通じて「合せ」というカルタ遊技の実体を解明したい。

後の“めくり”や“てんしょ”誕生の元となった、“同位の札”を組み合わせて取るタイプの技法の総称として、「プロトめくり」はピッタリのネーミングと思われますので当方も使用させて頂きます。

当方の主張は概ねこれで合っていますが、「そこでは、『雍州府志』をどう理解するのかが、「合せ」という遊技法の発祥を解明する鍵となっている。」というのは少々解釈をねじ曲げられている様です。当方が提案している“合せ=めくり系技法説”は複数の資料を基に、複数の視点からの検証を積み上げた上に成り立っている仮説であり、『雍州府志』もその中の一資料に過ぎません。勿論この仮説には問題点が有ると承知していますし、完全に立証されているなどと主張するつもりは有りません。特に、当方の“合せ=めくり系技法説”にとっての最大の問題点と考えられるのが、『雍州府志』の「合せ」の記述を素直に読むと、“めくり系技法”というよりも寧ろ“トリックテイキングゲーム”に近い様に見えるという点であると自覚しています。この点に関してしっかりと説明出来なければ“合せ=めくり系技法説”は前に進む事が出来ません。つまり当方にとって『雍州府志』の解釈は“合せ”技法解明の“鍵”では無く、敢て言えば・・・“壁”ですかね。しかもかなり高い“壁”です。一方、江橋先生の“合せ=トリックテイキングゲーム説”にとっては『雍州府志』こそが根拠となる唯一の資料であり、まさに“鍵”です。

当方の主張の詳細については、当サイト内メイン研究室の『技法「あわせ」の研究再論』(19~22)をご参照下さい。そんなもん読んでる暇は無いとか、読んではみたけど脱線ばかりで意味が分らんという方はこちらの要約をご覧下さい。

続く「(二)「賀留多」第一文節、カルタ札の制作地、制作者、発祥の説明」及び「(三)「賀留多」第二文節、カルタ札の「紋標」と「紋標数」の説明」の二章に関しては大きな反論点は有りませんし、議論の本筋(以降“本筋”とは『雍州府志』の“合せ”は“めくり系”か“トリックテイキング”かをめぐる議論という意味だとご理解下さい。)から外れますので今は言及致しません。
 尚、江橋先生は“文節”の語を、言語学での一般的な定義では無く“段落”の意味で使用されている様です。勿論“文節”でも言わんとする意味は通じますが、後々混乱や誤解が生じると困りますので、当方の地の文中では“段落”を使用させて頂きます。

続いて「(四)「賀留多」第三文節、①カルタ札の配分法の説明」の章に入ります。

冒頭の一文は「其玩之法、其始三人或五人圍坐、其内一人左手取持賀留多、以裏面上下混雑、不見其畫配分而置各々之前、是謂切賀留多。」であり、二種類の遊技法に共通する遊技者数、ゲーム開始前の札の切り方、配分の仕方を説明し、その次に「讀(ヨミ)」という遊技法と「合(アハセ)」という二つの遊技法を紹介している。この第三文節は、後続する第四文節で「カウ」「ヒイキ」「うんすんカルタ」という遊技法を博奕の戯れとして切り捨て、第五文節で今度は逆に、カルタの札を使った「歌賀留多」の遊技法を詳述する流れに繋がっている。こうした記述の全体的な構造をしっかりと把握しておきたい。

おっしゃる通り「記述の全体的な構造をしっかりと把握」するのはとても大切な事だと思います。元の『雍州府志』「賀留多」の項は段落分けされていませんので、文の意味、内容を解釈する事によって記述のまとまりを判断せねばなりません。先生の示す第一と第二、及び第五の文節(段落)分けに異論は有りません。しかし第三、第四段落の区分には同意出来ませんので、当方の解釈をお示しします。

先ず「其玩之法」に始まるこの段落は、大きく言えば「賀留多」の遊技法を述べている部分ですので、「歌賀留多」の説明に入る直前の「畢竟博奕之戯也」迄を一つの段落と取る事も可能です。しかし内容を考えると、二つの部分に分けた方が理解し易いでしょう。当方の解釈では

其玩之法其始三人或五人圍坐其内一人左手取持賀留多以裏面上下混雑不見其畫配分而置各々之前是謂切賀留多其為戯謂打賀留多
これを玩ぶの法、その始め三人、或いは五人囲座し、その内一人、左手に賀留多を取り持ち、裏面をもって上下混雑して、その画を見ず配分して、各々の前に置く。これを賀留多を切るという。その戯を為すを賀留多を打つという。

ここ迄が「賀留多」の遊技法全般に関する競技開始時の手続き、及び用語の説明をした一つの段落と考えられ、これに続く「然後」から「畢竟博奕之戯也」迄が、個別の技法を説明している別の段落と考えます。

前半の段落に関して江橋先生は「二種類の遊技法に共通する遊技者数、ゲーム開始前の札の切り方、配分の仕方を説明」するものと解釈し、後に続く“よみ”“合せ”の二技法のみに対する説明だと主張されています。従って“よみ”“合せ”の技法説明の部分迄を一つのまとまり(第三文節)とされ、その解釈を前提として論を進められます。しかしその様に解釈する根拠は明確に示されてはいませんし、文面を素直に読む限りでは何故その様に読めるのかが全く理解出来ません。
 冒頭の「其玩之法」は前の段落を受けて「その(賀留多の)遊び方は・・・」という意味であるのは明白です。読者の立場から見れば、当然「賀留多」全般に関する説明である前段の続きだとしか受け取り様が有りません。これを何の説明も無く「後で述べる“よみ”“合せ”の遊び方は・・・」という意味に理解出来る筈は有りませんし、黒川道祐もその様に書いてはいません。

続いて競技の開始時、「三人或五人」の競技者が場を囲む様に陣取り、その内の一人が札を交ぜ(シャフル)、それを各自に分配(ディール)するという手順を記し(この部分に関しては、後で詳しく論じます)、「是謂切賀留多」(これを賀留多を切るという)と説明しています。
 現在“トランプを切る”という表現が一般的に使われているのと同様に、江戸時代には“カルタを切る”という表現が使われていました。勿論「切る」は“よみ”と“合せ”とに限って使われていた用語では有りません。用例を幾つかご紹介しておきます。

『湯たらひ』宝永三年(1706)
四五十両かるたのやうに切まぜる
『童の的 四篇』明和四年(1767)
あれか座頭か骨牌きる音
『川柳評万句合勝句刷 明六義4』明和六年(1769)
哥かるたちよき/\切てしかられる

余談になりますが、最後の句が面白いですね。
 『雍州府志』の記述では「切る」とは、一人がカルタを左手に持ち、裏向きのまま上下を混ぜ合わせると書かれてはいますが、今一つ具体的な方法がはっきりしません。江橋先生もこの部分を

左手に全部のカルタ札を持って、裏面を上にして右手でよくかき混ぜて

と、無難な解釈に止められていますが、左手に持った札を右手でかき混ぜるというのが具体的にどの様な動作なのか、イメージ出来ません。ここは少し想像力を働かせて大胆に考えて見ましょう。
 我が国では花札やトランプを「切る」際には伝統的に“ヒンズーシャフル”という技法が用いられます(欧米では“オーバーハンドシャフル”が主流)。ならば江戸時代もそうだったであろうと推測されますが、「ちよき/\」という描写はまさに“ヒンズーシャフル”にピッタリだという印象を受けます(まあ、印象に過ぎませんが)。前の句の「骨牌きる音」からも、「切る」が音の出る所作であったのは間違い無いでしょう。
 では何故「哥かるた」を「ちよき/\」切ったら叱られたのでしょうか。確信は有りませんが、江戸カルタ(48枚系カルタ)と歌かるたとでは、札の混ぜ方の作法に違いが有ったのではないかと考えられます。様々な資料から推測すると、江戸時代を通して歌かるたは上品な遊戯と認識され、江戸カルタは下品なものという理解が一般的であったのは間違い無いでしょう。「ちよき/\」切る(ヒンズーシャフル)という行為は江戸カルタと強く結び付いた下品、不調法な所作だという認識が有り、上品な歌かるたの場にはそぐわないと考えられていたと思われます。歌かるたの混ぜ方は想像するしか有りませんが、例えば下に置いた札を両手で静かに掻き混ぜるといった方法が考えられます。
 句解としては、武家か上級の商家でしょうか、家中の女衆上下が揃って歌かるたを遊ぶ場面でしょう。普段から江戸カルタに慣れ親しんでいる下女がいつもの癖で歌かるたを「ちよき/\」切って、女主人に不調法だと咎められるといった場面が想像されます。

話を戻しましょう。ここでの黒川道祐の記述では“シャフル”と“ディール”との両方を併せて「切る」と言う、という意味に受け取れます。しかし上の用例を見る限り「切る」は“シャフル”のみを指す様に受け取れますので、この記述には少々違和感を覚えます。この点について江橋先生は次の様に解釈されています。

なお、黒川道祐は、ゲーム開始にあたってカルタ札を交ぜることと配分することを合わせて「これをカルタを切ると言う。」と説明している。「切る」には一塊の物を切断して分配するという語義があるから、一組のカルタ札を配分する動作の言葉としてはこれで良い。

「切る」に「一塊の物を切断して分配するという語義がある」とは全く知りませんでした。「語義がある」と断定されるからには先生ご自身の想像では無く、何等かの根拠を持ってのご発言の様ですので、慌てて各種の辞典類を調べて見ましたが、残念ながらその様な語義を載せたものは見当たりません。『日本国語大辞典 第二版』には「切る」の語義が34種掲載されていますが、そこにも漏れているほど極めて特殊な語義であるにもかかわらず、江橋先生はその根拠となる出典、用例を示されていません。よって不確かな根拠に基づく「一組のカルタ札を配分する動作の言葉としてはこれで良い」という解釈を採る事は出来ません。
 とは言え、実際のところ“シャフル”と“ディール”とは多くの場合一連の動作と成りますので、これを併せて「切る」と表現するのは間違っていると迄は言い切れませんし、当時は実際にその様に認識されていた可能性も否定出来ません。しかしここは、続く「其為戯謂打賀留多」との関連で考えた方が良いと思われます。
 「是謂切賀留多」と「其為戯謂打賀留多」との表現が似ているのは偶然とは考えられません。著者の黒川道祐が意識的に用いた対句表現だと考えて間違い無いでしょう。対句表現は、離れているよりも連続している方が効果が強まりますので、黒川道祐としては文脈上での厳密さを多少犠牲にしてでもこの対句を生かしたかったが為に、本来「以裏面上下混雑」の後に来るべき「是謂切賀留多」を後に回して「其為戯謂打賀留多」の前に持って来た為に、少々不自然な文型に成ってしまったのでは無いかと想像します。

ちなみに、この“カルタを打つ”の語も、カルタ用語として江戸初期から見られるものです。用例を幾つかお示しします。

『獣の歌合』寛永頃(1624-1644)
きみはうつ/\かるたをうつがわれはらうさいにてかみがうつ

(技法不明)

『浮世物語』寛文初年頃(1661-)
もみ賽重迦烏のたてもの、銭の中に銀をまじへ、銀のしたに金をしきつゝ、たてゝはとられ、つみてはとられ、夜ごとにより合てうつほどに、負る事かぎりなし、

(かう)

『うたゝね』元禄七年(1694)
船頭のよみ打つ顔の隙さうに

(よみ)

『開帳利益札遊合』安永七年(1778)
さしにうつのをふうふになぞらへ手にもつてめくるハ国をわかつにたとへたり三つに打のを天地人のさんさいなり

(めくり)

この様に“カルタを打つ”という表現は江戸時代を通して見られるものです。しかも様々な技法に共通して用いられる用語であり、決して“よみ”“合せ”に限られるものでは無いのは明らかです。従って、この「其為戯謂打賀留多」迄は“賀留多”の技法全般に関する説明であると考えるべきでしょう。

以上見てきた様に、この段落は「賀留多」全般の特徴を述べた前段を引き継ぐ「其玩之法」に始まるもので有り、「賀留多」遊技全般に共通して用いられる用語を説明する「是謂切賀留多」「其為戯謂打賀留多」に終わるものです。つまり全体として、カルタ遊技全般についての説明だと解釈するのが自然な読解であり、“よみ”“合せ”に限った説明と読む事は出来ません。もしも本当に黒川道祐がこの部分を、この後で説明する“よみ”と“合せ”とに限定した遊技法の説明として書いたのだとしたら、一流の著述家としては全く稚拙な文章だと評価せざるを得ません。著者の意図が伝わらない文の好例として、よく有る『文章の書き方』という類いの本で“悪文”の見本として使われても文句は言えないでしょう。黒川道祐がその程度の稚拙な著述者で有ったと考えるのは失礼でしょう。
 現代の研究者の視点で、あれこれと奇抜な解釈を試みるのは勝手ですが、少なくとも当時の読者の視点で見れば“よみ”と“合せ”とに限った遊技法の説明と理解するのは不可能であり、「賀留多」全般の説明であるとしか読み取り様が有りません。この先を読み進めるに当たって、この点をしっかりと心に留めておいて下さい。

この後江橋先生はかなりの長文で「トリック・テイキング・ゲーム」の説明をされ、その後半で次の様に述べられています。

カルタが日本に伝来した十六世紀の後半、十七世紀の前半の世界では、このトリック・テイキング・ゲームが大流行していて、三人で遊技する「オンブル(レネガド)」は世界で最も人気のある遊技法であった。しかし、トリック・テイキング・ゲームでは、遊技する参加者の数は三人に固定されるようになる以前は、四人ないし五人で行う遊技法もある。六人以上が参加する遊技法は知られていない。今日熊本県人吉市に伝承しているうんすんカルタでは「六人メリ」や「八人メリ」の遊技法があるが、これは使用するカルタ札の一組の枚数が多い(うんすんカルタは七十五枚)場合の遊技法であり、一組四十八枚のカルタでは六人以上では遊技がしにくい。

本当に「一組四十八枚のカルタでは六人以上では遊技がしにくい」のでしょうか? 私はカードゲーム全般や実際のプレイには疎いので、とやかく言う資格は有りませんが、例えば後に日本独自に発展したトリックテイキングゲームである「ナポレオン」や「ツー・テン・ジャック」等では(52枚ではありますが)六人迄は普通に許容範囲だと思われます。又、四十八枚のカルタで六人競技、手札各八枚のトリックテイキングゲームの存在を想定すると、それが必ずしも「遊技がしにくい」ものとも思えないのですが、如何でしょうか?
 まあ、江橋先生も厳密に考証された上での発言では無く、単に“トリックテイキングゲームは一般的に三人から五人で競技するものだ”という事を印象付けようと意図されたものと想像されます。その意図は後の方で明確に成ります。

一方、山口が指摘した「紋標数」の同じものを合わせ取る「めくりカルタ」では、札は「場六、手七」で配分される。場に展開される場札が六枚、参加者に配分される手札が三人の遊技者の各人に七枚ずつである。残りの二十一枚は裏面を上にして場に積まれる。
(中略)
三人の参加者が各々七枚、三人合計で二十一枚を出し、その度に山札を一枚めくるのである。山札は二十一枚、これに最初の場札六枚を加えると全部で四十八枚になり、一組のカルタを余すところなく使うことになる。この構成は、十八世紀、江戸時代中期の「めくりカルタ」から二十一世紀、現代の「花札」まで変化していない。

ちょっと待って下さい。これではまるで、江戸中期から現代に至る迄の“めくり系技法”は全て同じ形式だったと、読者に誤解を与えてしまいそうな文章ですし、寧ろ読者に誤った認識を植え付けようとする意図さえ感じられます。
 たしかに江戸時代中期に登場した“めくり”や、現代の花札の中心技法である“八八”や“花合わせ”等は原則として“四十八枚使用”“三人競技”“場六、手七”です。しかし、近現代に伝わる花札や地方札を使用する“めくり系技法”の中にも、いくらでも例外が有るのは調べれば簡単に分る事ですし、先生ご自身がご存じ無い筈は有りません。なのに何故、この様な不正確な主張をなされるのでしょうか?
 江戸時代のカルタ技法に限っても、“めくり”と類似した技法と考えられ、ほぼ同時代に上方で流行した“てんしょ”に関しては“四十八枚使用”“三人競技”“場六、手七”とは断定出来ません。

『にんげんいつしやう教訓身上道中記』江戸後期
かるた山天正寺
此所四十五まいの札所なり
『浦島物語』天明頃(1781-1789)
天正は近年の時花(はやり)出(で)にして、あさ金六を尤(もつとも)尊ぶ。一面の勝負三人も合せ四人も樂み、

ましてや江戸前期の「プロトめくり」が「十八世紀、江戸時代中期の「めくりカルタ」」や「二十一世紀、現代の「花札」」と全く同じ形式だったという証拠は有りません。まあ絶対に無いとは言えませんが、常識的に考えて可能性は極めて低いでしょう。

『雍州府志』の文章の読解に戻ろう。まず、最初の一文、「其玩之法、其始三人或五人圍坐、其内一人左手取持賀留多、以裏面上下混雑、不見其畫配分而置各々之前、是謂切賀留多。」である。これは極めて明快で、カルタは最少三人、最多五人で囲んで座って遊ぶ遊技であり、一人が左手に全部のカルタ札を持って、裏面を上にして右手でよくかき混ぜて、表面の図像を見ないで各人の膝の前に配分するというのである。これは次に述べる「読み」と「合せ」に共通する、遊技への参加者の数、ゲーム開始前の札の扱い方の説明である。

ここに、参加する人の数は三人から五人と記されている。のちの時代には、二人で行うカルタの遊技法も開発されたが、日本のカルタの遊技法は伝統的にこの人数が基本である。

「三人或五人」を文字通りに解釈すれば“三人か、或いは五人”のどちらかで遊技されるという様にも読めますが、現実的な解釈としては、先生のおっしゃる通り“最少三人、最多五人”の人数で遊技されるという解釈が妥当だと思われますし、「日本のカルタの遊技法は伝統的にこの人数が基本である」というご指摘にも同意します。しかし江戸時代のカルタ技法が例外無く三人から五人だったとは言えません。参考迄に“例外”をご紹介しておきましょう。
 例えば『仁勢物語』の挿絵(“原ウンスン”か?)には二人が描かれています。この絵が写実的な描写だとは言い切れませんが、これに対応する本文も二人競技として理解出来ます。又、『絵本池の蛙』の挿絵の一枚では六人による“よみ”(“ならよみ”か?)の場面が描かれています。
 又、“かう”や“きんご”系の技法ならば六人以上でも遊技可能だと考えられます。江橋先生も後の部分で

博奕系のカルタの遊技法では、参加者の数も三人から五人に限定されない。

と、書かれている様に、確かに原理的には可能でしょう。しかし、実際に“かう”系技法の資料を調べてみると、意外にも六人以上と確認出来る遊技図や文献資料は見当たりません。勿論、実際には六人以上での遊技や、二人による“差し”の勝負も有ったであろうと思われますが、それは例外的なものであり、多くの場合は“三人から五人”で遊技されていたと想定しても良いと思われます。
 『雍州府志』の「三人或五人」の記述に関して言えば、黒川道祐自身が見聞し、認識していた範囲でのカルタ遊技(“よみ”“合せ”“かう”“ひいき”“うんすんかるた”)が“(概ね)三人から五人”で競技されていたのを、そのまま記録したものと理解して問題は無いと考えられます。
 ところが・・・

ただし、「めくりカルタ」の場合は、四人以上が参加する場合はカルタ札を配分されたメンバーの中で、手札があまり有力でないと判断した者は「抜ける」「降りる」「寝る」「見(けん)に回る」などと宣言して配分された札を場に戻して山札とし、残る三人のメンバーが参加する。一方、『雍州府志』の説明では何の限定もないのだから、これは三人でも、四人でも、五人でも参加できるタイプの遊技を想定した文章である。

これ迄江橋先生は、「三人或五人」を「これは極めて明快で、カルタは最少三人、最多五人で囲んで座って遊ぶ遊技であり」「ここに、参加する人の数は三人から五人と記されている」と解釈をされていました。ところが、この「極めて明快」な読解が、いつの間にか「三人でも、四人でも、五人でも参加できるタイプの遊技を想定した文章である」と微妙に変えられています。これでは全く意味が異なってしまいます。
 確かに「三人或五人」を単独で見れば、その様な解釈も不可能では有りません。しかし全体の文脈の中で見れば何とも奇妙な読解であり、何等かの意図が無ければその様に読むのは不可能でしょう。では何故江橋先生は突然、ご自身の説明内でも矛盾している「三人でも、四人でも、五人でも参加できるタイプの遊技を想定した文章である」という奇妙な読解を持ち出されてきたのでしょうか?

これを、三人から五人の間であれば何人でも遊技できる「読み」と、必ず三人で遊技する「めくりカルタ」タイプのフィッシング・ゲームの遊技法の異なった札の配分方法を一緒にして説明していると理解することは困難である。誤記説は早くもこの単純明快な札の配布法に関する文章で説明困難に陥る。果せるかな山口吉郎兵衛はこの文章を無視して説明を回避している。後続した誤記説の論者も皆が同様に素通りしている。

「皆が同様に素通りしている」理由は明白です。この部分を素直に読む限り、「賀留多」は三人から五人の間で競技されるものだと、何の問題も無く理解出来るからです。近世文学のエキスパートである佐藤要人先生にせよ、当方の様なズブの素人にせよ、又は当時の読者にせよ、江橋先生の様な奇妙な読解が可能だなどとは考えもしませんので、そりゃ素通りしますわな。

ここ迄の江橋先生の論法を整理しましょう。

  1. この部分は“よみ”と“合せ”との「二種類の遊技法に共通する遊技者数、ゲーム開始前の札の切り方、配分の仕方を説明」したものである。
  2. 「三人或五人」は「三人でも、四人でも、五人でも参加できるタイプの遊技」という意味であり、“よみ”はその条件に合っている。
  3. 「プロトめくり」は「必ず三人で遊技する」技法なので、条件に合わない。よって「合せ」は「プロトめくり」では無い。
  4. 更に先生ご自身はハッキリとは書かれていませんが、「合せ」は「プロトめくり」では無い事を示す事で、「三人でも、四人でも、五人でも参加できるタイプの遊技」である“トリックテイキングゲーム”だと主張されたいのだと思われます。前にトリックテイキングゲームに関する説明の中で、“トリックテイキングゲームは一般的に三人から五人で競技するものだ”という事を印象付けようとしたと思しき記述が有ったのを覚えていらっしゃいますでしょうか? あれはここへの伏線であろうと想像されます。まあ想像ですので、違っていたらゴメンナサイ。

1と2については批判済みです。まあ、これらは解釈上での見解の相違だとも言えますが、3に関しては明らかな事実誤認に基づくものです。

江橋先生は前に「この構成は、十八世紀、江戸時代中期の「めくりカルタ」から二十一世紀、現代の「花札」まで変化していない」と、江戸中期から現代に至る迄“めくり系技法”は悉く三人遊技であるかの様な認識を示され、それからの類推で、十七世紀に「プロトめくり」が存在したならば、それも又、必ず三人遊技であった筈だとお考えの様です。先生は例によって何等の資料的根拠も示さずに、江戸中期の“めくり”が三人遊技であると断定されていますが、それが明らかに誤認である事を、具体的な資料を根拠にお示ししましょう。
 先ず、“めくり”に関しては最も信頼の置ける資料と考えられる『博奕仕方』の「めくり博奕仕方」を見てみましょう。

『博奕仕方』寛政七年(1795)
博奕手合両人より五人に限申候
但五人に候得ば一人ツヽ順に休を入、残四人え七枚ツヽかるた之裏之方を見せ、銘々蒔配り、外にかるた六枚其席之真中え模様を見せ候て蒔、四人之内一人悪敷札の者相休、三人にて手合に成打候事も有之又は両人にて打候事も三人共に不承知に候得ば蒔直し申候

競技者の人数は二人から五人に限ると、ハッキリと書かれています。但し五人の場合には最初から一人は競技に参加しませんので、実質は二人から四人での競技と言って良いでしょう。更に「四人之内一人悪敷札の者相休、三人にて手合に成打候事も有之」という事ですので、四人の内で手札の悪い者が一人“休む(寝る)”と宣言して勝負を下りて、三人で競技する事も有るとされます。しかし、“必ず一人が休み”三人で競技するという訳ではなく、四人とも勝負になると判断し、誰も“休む”と宣言しない場合には四人で競技されると読み取れます。更に「又は両人にて打候事も」と有りますので、二人が“休む”と宣言しても、残る二人で競技は成立する様です。但し「三人共に不承知に候得ば蒔直し申候」三人が“休む”と宣言するば残りは一人ですので、当然競技は不成立と成り“蒔直し”と成ります。つまり“めくり”は二人、三人、四人の何れでも成立する技法という事に成ります。

次に“めくり”の遊技図と考えられる絵画資料を確認すると、“めくり”遊技の場に参加していると見られる人数は殆どが三人から五人(確認済みの例外は『夜野中狐物』の六人)です。その内、今の回の競技に参加している(=手札を持っている)と思われるのは、殆どの場合三人です。二人での競技らしき図は見当たりません。四人での競技と思われる図は『金平異国遶(きんぴらいこくめぐり)』安永八年(1779)『夜野中狐物(よのなかこんなもの』安永九年(1780)との二例が有るのみです。尤も、挿絵としての遊技図の場合、標準的な三人遊技の場面が多く選ばれたであろうと考えれば、実際の遊技では四人や二人の場面もそこそこ頻繁に有った可能性も否定出来ません。この様な資料状況から、“めくり”は三人競技が標準的ではあるものの、少なくとも四人競技が有ったのは確実であり、恐らく二人競技の場合も有ったと考えて間違い無いでしょう。
 この様に、安永から天明頃の“めくり”ブームの絶頂期に於てでさえ「必ず三人で遊技する」と断定するのは明らかに間違いです。更に前述の通り、“めくり”とほぼ同時期に上方(つまり『雍州府志』と同地域)で流行した“てんしょ”も又、三人遊技に限定されるものでは有りません。この様な資料状況を全く無視して、『雍州府志』の「合せ」が“めくり系技法”であるならば、それが「必ず三人で遊技する」技法だと推測するのは余りにも乱暴過ぎます。百歩譲って“めくり”や“めくり系技法”が“主に”三人遊技である事は認めるとしても、それのみを根拠として江戸前期の「プロトめくり」が「必ず三人で遊技する」と推測する事自体が全く非論理的だと言わざるを得ません。

ここで誤記説が言うように、もし十七世紀、江戸時代前期に後の時代の「めくりカルタ」の前身、「プロトめくり」が実在していて、黒川道祐はそれを説明しようとしていたのだとしよう。そうすると、札の配分の仕方では「プロトめくり」は「めくりカルタ」と同様であったと推測されるから、場札は図像が分かるように表面を上にして配るという手順があったはずである。そうだとすると、黒川は、「ゲーム開始時に「読み」ではすべての札を配分してしまうが、「合せ」では「場六、手七」で、手札は裏面が上、場札は表面が上で配分するのである」と、「読み」と「合せ」では配分の方法が異なることを説明したはずである。

又しても「札の配分の仕方では「プロトめくり」は「めくりカルタ」と同様であったと推測されるから」ですか・・・
 極めて根拠の弱い「推測」に過ぎません。そもそも今議論しているのは「めくりカルタ」についてでは無く「プロトめくり」についてです。黒川道祐は彼の知る、当時“合せ”と呼ばれていた技法の事を書いただけであり、百年近く後に流行する“めくり”という“三人競技”“場六、手七”の技法の事など知る由も有りません。「プロトめくり」は、それが実際に存在したのかさえ確認されていない概念に過ぎず、“同位の札を組み合わせる”という基本原理以外は、何枚の札を使い、何人で競技されたか、更には“場札”や“山札”が有ったのかもさえ全く白紙の状態であり、寧ろ何の先入観も持たずに向き合うべきであろうと考えます。
 勿論「プロトめくり」は「めくりカルタ」と同様であったと“仮定”して資料を解釈するのは自由ですし、その結果“仮定”と資料内容の“読解”との間に整合性が有れば、その“仮定”の妥当性は高まると考えて良いでしょう。しかし逆に資料内容と辻褄が合わないと感じるならば、“仮定”か“読解”の少なくともどちらかが間違っている可能性を疑ってみるという姿勢も必要では無いでしょうかね?

尚、ここで江橋先生の論法について一言申し上げさせて頂きます。本来文献資料の内容を検討する際には“そこに書かれている事”をどの様に解釈するかが基本であるのはご理解頂けると思います。しかし先生は“そこに書かれていない事”を根拠にする論法がお好きな様で、ここ以外にも繰り返し使われています。その種の論法を100%否定はしませんが、相当丁寧な論証無くしては説得力の有るものには成らないと考えます。

だが、黒川は、カルタでは裏面を上にしてすべての札を配分して始めると書いており、そこには遊技法の「読み」と「合せ」による違いは記載されていない。そして、それに続けて、すべての札を配分して始めることに疑問のない遊技法である「読み」の説明に入り、その先で配分法の違いに触れることのないままに「合せ」の説明に続けている。こうした文章の構造であるので、これは「読み」と「合せ」で札の配分が同じことを意味している。これを、札の配分方法が異なることを暗黙の前提にして説明した文章であるとは到底読み取れない。この記述だけでも「合せ」が「プロトめくり」の遊技法の説明だと理解することは困難である。山口吉郎兵衛に始まる誤記説はこの部分も素通りである。

又しても江橋先生は語句の意味の恣意的な読み替えをされています。
「すべての札を配分して始めると書いており、」
 原文には「すべての札を」とは書かれていませんが、江橋先生は「配分」を“全ての札を配りきる事”と解釈されて論じられている様です。『雍州府志』をざっと見た所では他に「配分」の用例は見当たりませんでしたので、黒川道祐が「配分」の語をどの様な意味で使用したのかは不明ですが、一般的な語釈を『日本国語大辞典 第二版』で見ましょう。

はい-ぶん【配分】〔名〕くばりわけること。分割してくばること。わりあててくばること。分配。

この語釈に従えば「配分」は決して“全てを配りきる”という意味に限定されるものでは有りません。例えば「プロトめくり」は各プレイヤーに対して決められた枚数を配分し、残りを山札とし、場札が無い状態から開始するというルールも想定出来ます。或いは、仮に全ての札を配りきるとしても、場札も山札も無しにプレイを開始する方法も有り得ます。いずれにせよ「配分」を全ての札を配りきるという意味だとする恣意的な解釈に基づいて、これが「プロトめくり」では無い証拠だとする論法は成り立ちません。ここに書かれているのは、「賀留多」競技では最初に各競技者に何枚かの札が裏向きに配られるという事だけです。

尚、トリックテイキングゲーム系の技法では、競技開始時に全ての札を“配りきる”(端数の札は別にして)タイプと“配りきらない”タイプとが有り、特にヨーロッパの古い技法ではどちらかというと後者の方が主流だった印象を受けます。専門外ですので、あくまでも印象に過ぎませんが、少なくとも我が国へ伝来したと考えられる“オンブル”系の技法は“配りきらない”タイプで有った可能性が高いと考えられます。
 この点について江橋先生は・・・

なお、今日に伝わるトリック・テイキング・ゲーム系の遊技法に、遊技の開始時には各人に四、五枚に限定して裏面を上にして札を配分して遊技を始め、途中で同じく裏面を上にして札を追加配分するルールのものがある。『雍州府志』の「合せ」がそういうタイプの遊技法であるならその旨を書き残したであろう。ゲーム開始時の配分枚数について何の限定も書かれていないので、トリック・テイキング・ゲームの中でもゲーム開始時の配分枚数を限定するこういうタイプの遊技法ではなさそうである。

と、さらりと述べるのみです。しかし、あくまでも『雍州府志』の記述が“全てを配りきる”だと主張し、尚且つ「合せ」が“オンブル”系の技法が元になった“トリックテイキングゲーム”だと主張されるのであれば、この点に関してしっかり説明して頂きたいものです。まあ、“我が国で独自に変化したのだろう”と言われればそれ迄ですが。

次に、配分される札の表裏の問題がある。「プロトめくり」の配分法であれば、当然に「七枚を裏面を上にして手札として各々の前に置き、六枚を模様が分かるように表面を上にして場に晒して場札とする」と書かれなければならない。ところが『雍州府志』は札の表面の図像を見ないですべての札で裏面を上にして配分するという札の配布方法だけを書いている。「読み」の遊技法での配分方法とトリック・テイキング・ゲーム系の「合せ」の遊技法での配分法が同じものであると説明しているのであり、これをまるで配分法が異なる「プロトめくり」タイプのフィッシング・ゲームの遊技法まで念頭に置いた記述であるとは読めない。誤記説はこれも無視である。

ここでも先生は“そこに書かれていない事”を根拠に批判をされています。
 「「プロトめくり」の配分法であれば、当然に「七枚を裏面を上にして手札として各々の前に置き、六枚を模様が分かるように表面を上にして場に晒して場札とする」と書かれなければならない。」
 はあ? 「当然に」ですか? くどい様ですが、黒川道祐が書いているのは当時行われていた“合せ”と呼ばれるカルタ遊技の説明であり、百年近く後の“めくり”の遊技法など彼の与り知る所では有りません。“めくり”の遊技法がそこに書かれていないのは「当然」の事です。
 とは言え、当時から行われていた“かう”に関しては、当時の遊技図を見ても一部の札を表向きに配っていた可能性が高いと考えられますので、それについての記述も無いのはたしかに不自然に感じられます。この点について私案をお示し致します。
 江橋先生が『かるた』(p.121)で紹介されている、48枚系のカルタは基本的に「裏配りのゲーム」(加藤秀俊による)であるのに対して、日本式の“歌かるた”や“絵合わせかるた”は「表配りのゲーム」であるという卓見に従えば、黒川道祐はここで後半に述べる「歌賀留多」が基本的に“表配りのゲーム”であるのに対して、前半の48枚の渡来系「賀留多」は基本的に“裏配りのゲーム”であるという事を説明したかったのでは無いかと考えます。
 当方はこの部分を「賀留多」の遊技法全般に関する説明だと解釈しています。勿論、技法によって札の配り方に違いは有ったでしょうが、黒川道祐自身が個々の技法の詳細をどこまで認識していたかは不明ですし、もしも詳しく認識していたとしても、それを事細かに記述しようという意志が有ったとは思えません。そもそも彼は「賀留多」遊技の“指南書”を書こうとした訳では有りませんし、ましてや未来の研究者の為に、彼の知る限りの知識を記録しておこうなどと考えた筈も有りません。彼が書いたのは、京都の特産品の一つである「賀留多」に関する、当時の読者に向けた“概説”です。つまり「賀留多」全般に関する大まかな説明ですので、各技法に共通する一般的な特徴を述べる事で十分に目的は果たせられます。
 黒川道祐の記述は簡潔で、意味の取りにくい部分も有りますが、それを現代の視点から見て不正確だと非難するのはお門違いでしょう。彼が知らなかった事に関しては書きようが有りませんし、あくまでも自分が“知っている範囲”で、自分が“書きたかった事”を書いたに過ぎません。彼が“書かなかった”事をいくら詮索しても、それは推測の域を出るものでは有りません。

このように、第三文節の文章は、最初の一文ですでに、ここでは「プロトめくり」タイプの遊技法は扱わないことが明確に示されているのである。私は、誤記説がこの文章の読解を示さずに、後続する文章中での「紋」という表記は「數」の誤記であるという一点だけで自説を構築していることに基本的な不満があった。その疑問は今でも継続している。私の読んだ限りでは、この札の配布に関する説明の段落ですでに「プロトめくり」だとする説は破綻していると思われる。この部分の合理的な説明抜きに先に進むことには意味がない。

ここ迄の江橋先生の主張は、この部分を“よみ”と“合せ”に限定される説明だとする不自然な理解を前提とし、更に「三人或五人」「配分」といった語句を恣意的に解釈し、「プロトめくり」は後の「めくりカルタ」と殆ど同じ技法であるという何の根拠も無い(しかも常識的に考えて有り得無いであろう)仮定を根拠として、『雍州府志』の記述に合わないので「プロトめくり」では無いと結論付けるという、全く的外れな論証であると言わざるを得ません。「破綻」しているのは一体どちらでしょうか。
 で、当方としては一応「合理的な説明」をしたつもりですので、先に進ませて頂いても宜しいでしょうかね?

続く。

公開年月日 2019/07/15


前の頁へ   

研究室トップへ